INTERVIEW

社員インタビュー

荒田 輝

加古川工場で果たす役割に
確かな手応えを感じています。

2016年 中途入社

材料開発課 材料開発係

荒田 輝KAGAYAKI ARATA

圧延作業の様子

圧延作業の様子

仕事内容は、鋼板を試験用の サンプルに加工すること。

材料開発課の職場は神戸製鋼所さんの加古川製鉄所内にあり、ぼくはその中の圧延を行う部署に所属しています。神戸製鋼所さんが開発した自動車用鋼板の材料を小型の圧延機で指定された厚みに延ばしたり、寸法を揃えて切断をしたり。指定された加工をして、次の試験の工程に向けてサンプルを作ります。

条件と仕事内容で入社を即決。

以前は当社と同様に加古川製鉄所に入る別の会社で働いていました。ちょうど転職を考えていたとき、知り合いから兵庫製作所が募集していることを聞き、条件もいいし仕事内容もわかっていて経験が生かせると思い、入社を決めました。当社の加古川工場は神戸製鋼さんの教育やルールに従うところが多く、本社工場とは仕事内容も雰囲気も違っています。

加工機械の調整

加工機械の調整

自分次第で達成感も、やりがいも。

担当する仕事は鋼板の切断です。朝、その日の仕事の段取りを組むのですが、何台もある機械をどう組み合わせれば効率よく作業が進められるか、考えて計画を立てます。そして、終業時間にすべての作業を残らず終えることができたときには、格別の達成感がありますね。材料開発課は、いわば縁の下の力持ち。製品を出荷するために不可欠な作業を行っており、「この仕事は絶対に必要なんだ」と自信を持つことが、やりがいにつながります。

入社して感じた兵庫製作所のよさ。

この会社に転職してうれしかったのは、上司や先輩方が一人の人間として声をかけてくれること。この業界では、ともすれば単なる作業員として扱われることが多いものですが、ここではいつも気にかけられている、大事にされていると実感できます。

作業進捗を把握

作業進捗を把握

お客様との信頼関係が支える仕事。

ときにはお客様から特急の依頼がありますが、ご要望にはお応えするのが基本で、いつでも対応できるよう準備をしています。特急になると大変ですが、やり終えて「ありがとう助かった」という言葉をいただくと、苦労は吹き飛びます。また、こちらが不具合を出してしまった場合、非難されるのではなく、前向きにその対処法を提案してくださるなど、神戸製鋼さんはお客様ではありますが、お互いに信頼し合う協力関係が出来上がっています。

趣味は自転車、レースにも出てみたい。

休日の楽しみといえば自転車に乗ることと、子どもとカードゲームなどをして遊ぶこと。自転車は以前やっていてしばらく中断していましたが、最近また乗り始めました。この前は、赤穂まで自転車で行って牡蠣だけ食べて帰ってきたんですよ。 昔のようにレースにも出てみたいと思うようになってきて、そのためのトレーニングも始めるつもりです。

SCHEDULE

1日のスケジュール

8:00

事務所ミーティング
ラジオ体操

8:30

班内ミーティング

9:00

鋸切断作業

11:50

午前作業の進捗確認
午後作業の内容確認

12:00

昼休憩

12:45

工場内清掃

13:00

熱間圧延作業

17:30

退社

MESSAGE

社内の雰囲気はひと昔前の体育会系ではなく、和気あいあいとしています。昔ながらのやり方も残っていたりしますが、それを改善していくのはぼくたち世代の役目。これから入ってくる皆さんが働きやすいよう、デジタル化をはじめ、時代に合わせた仕事環境を考えていきたいです。

MOVIE

兵庫製作所の
スペシャルムービーを公開中!

動画でもインタビューをご覧いただけます
兵庫製作所で働くスタッフをチェック!

INTERVIEW

社員インタビュー

それぞれの専門分野で
真摯に働く先輩たちの生の声を紹介。