兵庫製作所は製鉄所を機能させるエンジニアリング企業として製鉄加工で培われた技術力と高い精度で、製鉄機械から一般産業機械まで幅広い製品作りを行っています。兵庫県中小企業家同友会の会員企業です。

 
  • HOME > 
  • 製品情報 > 
  • 鋼材試作
  •  

鋼材試作 【加古川工場】

時の流れと共に進化を続ける鉄鋼製品の数々。兵庫製作所では、卓越した技術と独創的なノウハウ、最新鋭の設備を生かし、溶解から圧延、溶接、熱処理、試験片加工にいたる素材の研究開発試作から試験片加工まで、お客様のあらゆるご相談をお受けできるよう専門分野のライセンスを持った技術者が高い技術と情熱で日夜研鑽を積んでいます。

溶解

高周波溶解
  • 軟鋼から高合金鋼までご要望の成分調整に対応可能。
  • 大気溶解ですが、高純度溶解鉄の使用により、P、Sレベルを低く抑えることも可能。
  • 小ロット多品種の溶解に適していますので、成分探索などを目的とする実験溶解に最適。
設備 高周波大気溶解炉
原材料 ベース鋼:電解鉄
鋼塊寸法(mm) A型:120×120×350
B型:120×170×230
鋼塊重量 40kgf
成分範囲 C:±0.01 Si:±0.05 Mn:±0.1 P:<=0.01
S:<=0.01 Al:±0.01 Ni・Cr・Mo:±0.1
 
ページのトップへ戻る

熱間圧延

高周波溶解
  • 150〜1,300℃の広温度範囲の加熱が可能。
  • 高圧デスケール設備や加速冷却設備などの最先端品質造り込み設備を有し、最適製造条件の探索に最適な圧延設備。
  • 鋼・チタン・アルミ・ニッケル合金などのあらゆる金属の圧延が可能。
  • 巻き取り装置を装備しており、試作はもとより、量産化にも対応可能
圧延
能力
圧延荷重  :2段 600t
      :4段 500t
ロール寸法 :2段 650φ×600L
      :4段 290/650φ×600L
加熱
能力
形式 温度範囲 均熱帯
台車炉 600〜1,300℃ 300h 450W×1,500L
固定炉 600〜1,300℃ 800h 800W×450L
保持炉 150〜1,000℃ 200h 500W×1,500L
材料
諸元
項目 素材 製品
厚(mm) 300以下 2.3〜300
巾(mm) 100〜450 100〜450
長(mm) 300〜1,500 300〜5,500
 
ページのトップへ戻る

冷間圧延

高周波溶解
  • 2段および4段ロールでの圧延が可能
  • 鉄板やアルミ板のシート材はもとより、コイル材圧延も可能
  • 鋼・チタン・アルミ・ニッケル合金などのあらゆる金属の圧延が可能。
圧延
能力
圧延荷重  :2段 100t
      :4段 100t
ロール寸法 :2段 250φ×300L
      :4段 100/250φ×300L
材料
諸元
項目 シート材 コイル材
厚(mm) 0.2〜5.0 0.2〜3.2
巾(mm) 50〜250 50〜250
長(mm) 100〜1,500
 
ページのトップへ戻る

溶接

  • 厚板では、被膜アーク溶接、MIG・TIG溶接はもとより、造船・建築分野で採用されている多電極サブマージアーク溶接、エレクトロガスアーク溶接などの高能率溶接装置による継手特性調査を目的とした研究に貢献。
  • 恒温恒湿室での各種溶接割れ試験が可能。
  • 薄板では、スポット溶接をはじめとする各種溶接継手特性調査を目的とした研究に貢献。
設備名 台数 特徴
被膜アーク溶接装置 6 各種構造物の突合せおよびすみ肉溶接が可能
マグ・ミグ溶接装置 1 各種構造物の突合せおよびすみ肉溶接が可能
ティグ溶接装置 3 全姿勢TILはタンクの縦・周溶接が可能
サブマージアーク溶接装置 3 3電極は厚板の片面高能率溶接が可能
エレクトロスラグ溶接装置 2 SESNETは建築ボックス柱の高能率溶接が可能
エレクトロガス溶接装置 1 SEGARCは船体外板の縦向き溶接が可能
スポット溶接装置 3 薄板の継手溶接が可能
恒温恒湿室 1 各種溶接性試験が可能(設定温度:-30〜80℃)
 
ページのトップへ戻る

熱処理

  • 厚板の焼入れ・焼戻し・焼ならしが可能。
  • 薄板の焼鈍・高速熱処理シミュレーターが可能。
  • ソルトバスでの高温・中間温・低温ヒートパターンによる連続焼鈍が可能。
    ※小ロット多品種対応に最適。
    ※真空・N・Arガスによる雰囲気調整が可能。
設備名 台数 特徴
真空焼鈍炉 3 温度:900℃以下
箱形エレマ炉 3 温度:1,350℃以下(焼入れ・焼戻し・焼ならし)
箱形流気式電気炉 2 温度:750℃以下(焼戻し)
台車型電気炉 1 温度:1,000℃以下(焼入れ・焼戻し・焼ならし)
ソルトバス 3 高温炉:680〜950℃
中低温炉:400〜800℃
低温炉:160〜550℃
ジョミニー端焼入装置 1 JIS G 0561に準拠
高速熱処理炉
(シミュレーター)
  温度:50〜1,100℃(薄板の連続焼鈍)
 
ページのトップへ戻る