兵庫製作所は製鉄所を機能させるエンジニアリング企業として製鉄加工で培われた技術力と高い精度で、製鉄機械から一般産業機械まで幅広い製品作りを行っています。兵庫県中小企業家同友会の会員企業です。

 

沿革

昭和21年 1月 神戸市において初代社長 井上 実が、兵庫製作所を創業
(株)神戸製作所脇浜・岩屋工場と取引開始
35年 1月 高砂市へ工場拡張のため一部移転
(株)神戸製鋼所高砂・大久保事業所と取引開始
38年 1月 高砂へ工場全面移転
44年 1月 株式会社に改組
45年 5月 (株)神戸製鋼所加古川製鉄所内にて、テストピース部門操業開始
47年 2月 (株)神戸製鋼所加古川製鉄所、本格操業に伴い、テストピース部門を加古川市尾上町池田(加古川工場)に移転
48年 3月 機械部門を加古川工場に移転、加古川工場の拡充をはかる
49年 6月 井上 猛 社長就任
55年 10月 加古川工場の機械部門を増設
56年 12月 テストピース部門を(株)神戸製鋼所加古川製鉄所内に移転
加古川工場を本社工場、テストピース工場を加古川工場と名称変更
59年 1月 住友重機械工業鰍ニ取引開始
62年 1月 三菱重工業(株)と取引開始
平成元年 2月 海外調達開始
8年 5月 新日鐡住金(株)と取引開始
9年 12月 尾崎 伸 社長就任
10年 2月 住友商事(株)と取引開始
15年 8月 井上 規代子 社長就任
19年 11月 新社屋完成
23年 4月 井上 庸 社長就任
ページのトップへ戻る